くまのパディントン展 マイケル・ボンド

f:id:allisfulloflove:20180430173844j:plain

4/28から東京で始まったパディントン展に行って参りました。
ペギー・フォートナムの原画が二枚のみではありましたが色々な作家の原画や複製があって存分に楽しみました。
そんなに混んではいなかったんですけれど、全員文字をじっくり読み込んでいたので体感的には結構混んでいるように感じました。
見ごたえも充分にあって、説明文の読み応えもあって良かったです!
親子連れがたくさんいて、子供に説明文を読んであげていたりしてなんだかとてもいい光景を見た気がします…。

パディントンを始めて知ったのは昔イギリスに旅行しに行ったときで、パディントン駅から電車に乗ることがあったので発車時間まで散策していたらパディントン銅像を見つけました。
当時はあまり知らなくて、帽子をかぶったクマがいるぞ!と不思議に思っていたのでまさか日本でこんなに馴染みのものになるだなんて思いもしていませんでした。
しかし日本でもパディントンの絵本がずっと昔から出版されていたことを知りました。
そして自分でも本を買ってみたり、友人からプレゼントされたり。

パディントンといえばブルーのコートに赤いハットを被った紳士なクマです。
意外と波乱万丈な人生を歩んでいて、いわば難民のような位置にいます。
おっちょこちょいでハプニング続きで、そんな喋るクマをパディントンの世界では当たり前のように受け入れている、めちゃくちゃやさしい世界……。
海外からイギリスに入国する際は、入国審査で英国パスポートとヨーロッパのパスポートで二手に別れなきゃいけないんですけど、パディントンはクマだからクマ専用のレーンで早く進める世界なんですよね。そういう四コマ漫画がありました。

パディントン展はイギリスに行ったような気がしてとてもワクワクしました。
そして館内ではグレーテルのかまどが流れておりました。放送当時、グレーテルのかまどマイケル・ボンドが出てきてまだ作者がご存命だったのかと驚いたのを覚えています。

グッときたのは小学生の読者から日本語訳を担当した松岡さんに届いたファンレター(という名の催促状)。
「早く翻訳してください」とパディントン愛にあふれた小学生の正直さが表れていてめちゃくちゃ面白かったです。
大人になってから自分で訳した方が早いことに気付いて共同訳者になっちゃう愛にあふれたエピソードでした。
そのお手紙も飾ってあって周りに人だかりができていました。

これまでいろいろな作家がパディントンの絵を描いてきて、おそらく初期を手掛けていたのはペギー・フォートナムみたいなんですけど、個人的にはR・W・アリーの描くパディントンがすごくやわらかくてかわいいです。
R・W・アリーの描くパディントンの声はベン・ウィショーでもなく松坂桃李でもないと思うんです。
映画も最初は青年の声だ!という第一印象があって、だんだん違和感がなくなっていくんですけど、絵本のパディントンの声は彼らのボイスではないような気がします。
映画のリアルな質感のパディントンと絵本のパディントンはなんだか違って、いろいろな作家の描くパディントンが違う顔を持つように、映画のパディントンもそのうちの一つという感じがします。

お土産には図録を買いました。これもまた大変いいものでした。
そしてなんと、グッズ売り場にマーマレードが売っていなかった衝撃!(多分私の見る限り売っていませんでした)
紅茶やクッキーはあったんですけど、マーマレードはなかったのです。
絶対に売ってると思ってました……。売ってたら買おうと思っていたので。

パディントンを見るとむしょうに食べたくなるマーマレード。
ふわふわの食パンにはさんでかぶりつきたい。