YouTuber水溜りボンドの魅力

ここ最近暇なときにYouTubeを観たりしていたら、水溜りボンドというYouTuberにいつの間にはハマっていた。大学のお笑いサークルで出会った二人がコンビを組み、お笑いのかたわらYouTubeに動画を投稿する、というスタイルで現在チャンネル登録者数が170万人を超えている。YouTuberは人気が数字で可視化されて大変そうだなぁとよく思う。チャンネル登録者以外にも、視聴回数、高評価低評価、コメント数などなど。


水溜りボンドはお笑いも大学生のアマチュアながら、キングオブコントに2回戦か3回戦まで勝ち残るほどの実力があり、プロと肩を並べた経験がある。もしもこの二人が本気でお笑い芸人をやっていたら、と想像したらワクワクが止まりません。


お笑いの経験があるといっても彼らは今や立派なYouTuberだ。
動画を投稿し始めてからまだ3年ほどしか経っておらず、YouTuberの中では短い方らしい。
探せばもちろん最初の動画も見つかる。
関連動画でどんどん見ていない動画を発掘し、いつの間にか時間が吸い取られるように無心に観てしまうところがYouTubeのこわいところだ。



水溜りボンドはカンタとトミーという二人のコンビからなる。


カンタは動画を毎日投稿しないとおかしくなってしまうほどYouTube漬けの生活を送っているらしい。YouTube以外にも、学校やフルマラソンや英語や音楽など他のことも充実させており、絶対に彼の周りだけ一日40時間ある。1ヵ月に読む本は40冊ほどだそうで、一体どういう生活を送っていれば彼のように時間をうまく使えるのか教えてほしいくらい。相方からも後輩からも同業者からも尊敬されている人物。私も尊敬している。彼のやっていることをこうして文字に起こしてしまうと、いわゆる”意識高い系”となってしまうのだが、彼からはそういう言葉が微塵も感じられない、いわゆる素でそういうことを平気でやってのけるタイプの人間なのである。


相方のトミーは見た目がまず印象的だ。カンタはしょっちゅう似てる人が報告されるような容姿をしているのに対して、トミーは丸顔でえりあしが長く、どこか特徴的な見た目をしている。さらに最初の方の動画を見ると、モロにお笑い芸人と言った切り口でしゃべっている。今はそういう雰囲気は抜けてきたが、言葉のセンスが凄くあって、よくこんな返し瞬時にできるなあと頭の回転の速さを感じざるを得ない。彼もまた本をよく読むらしく、二人とも地頭の良さを感じる。カンタとは違ってよく食べる。食レポ動画なんかもあったりして、本当に美味しそうに食べる。しかし驚くほど噛まない。びっくりするほど噛まない。コメント欄を見るとそういうコメントで溢れかえっている。それも彼の特徴になっているのかもしれない。


彼らの動画スタイルは実験や都市伝説検証やドッキリなど多岐にわたる。
私が好きなのは普通にダラダラとしゃべっているだけのやつ。
本当にただの仲良しの友達が喋ってるという感じがする。とにかく仲が良い。でもそれも、初期の動画とここ最近の動画でふたりの距離感が違って、そういう変化もあって面白い。
YouTuberって何故か基本画面が汚くなるし、一人でよくやるなあって思うのがデフォだったので、コンビだとそういうのがない。あと、何より圧倒的な清潔感がある。画面からせっけんの香りがしそうな感じ。

YouTubeは隙間の時間に観るのが基本だったのに、いつの間にか夜の8時に投稿されるのをどこかで楽しみにしているようになった。