Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

岩井俊二 チャンオクの手紙(2017) 映画感想

映画

岩井俊二監督『チャンオクの手紙』をYouTubeで観た。期間限定!


「チャンオクの手紙」#1_チャンオクの朝【岩井俊二監督作品】【ネスレシアター】


何か月か前に韓国のメディアからネットニュースに出ていて何撮ってるんだろうと思ってたんだけど、ネスレ提供の短編映画でした。提供とか全然関係ないくらい映画として観た。全4話で1時間くらい。


ところどころでネスレのコーヒーメーカーが出てきて、どれも自然でコーヒーメーカー欲しくなった。コーヒーを飲む場面が毎度絶妙で、コーヒー飲めないのに飲みたくなった。


話というかテーマは家族と介護。忙しい母親。だと思う。
主人公はウナ(ぺ・ドゥナ)。母親でもあり、妻でもあり、姑の義理の娘でもある。その関係も、一つの家族の中でコロコロ関係性が変わって、旦那と姑の板挟み問題もあって苦労している人物として描かれていた。家事に介護に子育てと超多忙なウナも、コーヒーを飲む時間だけはゆっくりと穏やかな時間が流れていてじんわりと心に響いた。ウナはとにかく一人の時間がない。だから忙しい人はああいうボタンを押すだけで出てくるコーヒーというのは必須なのかもしれない。特にウナはコーヒーを飲む時間だけが一人の時間なんじゃないかなぁと思った。家で温かい飲み物を飲んでいる時間って基本的に自分一人だけの時間が多くて、結構好きな時間でもある。それがこの映画にも出ていて、なんだかほっとする瞬間でもあった。


『チャンオクの手紙』では監督が去年撮った『リップヴァンクルの花嫁(2016)』との親和性もあって、連絡手段で使っていたアプリが映画にも出てきたPlanetだったり、印象的な赤いポストが出てきたりして個人的に嬉しくなるポイントだった。


韓国の家というのが日本と微妙に違うのか、チャンオクや子供たちが一人ずつの部屋を与えられているのに、両親がソファで寝ているのはびっくりした。そういうもんなのか。長女は1話の寝起きシーンがどことなく昔の蒼井優みたいな雰囲気があった気がする。


チャンオクとウナの関係って、義理の親子とは思えないほど距離が近い。嫁の立場から物怖じしないで言ったり、顔をぐりぐりしたりするの、微笑ましかった。本当に仲がいいんだなぁと。でも、介護される立場というのは介護されないとわからないし、きっとどこかプライドみたいなのも捨てきれないんだろうなぁと思った。本当の親子じゃなくて、義理の親子だからこそできることもあったのかなぁと感じる。


全体的に、”生きている人間が、ただ生活している”というのが印象的だった。食べるシーンとか、飲んでいるシーンとか、家の中で当たり前に行っているシーンみたいなの。1話なんて本当に主人公が朝を過ごすだけのシーンなのに、めちゃくちゃ染みる。あと人の生活する音。ささいなことだけど、繊細な空気感がたまらなくよかった。
自然にしているシーンばかりだからこそ、チャンオクの呼び出すエリーゼのためにの電子音が異質に聞こえた。あの音ちょっとドキッとするというか、正直言うと耳障りな音だと思う。わざとだろうか。


4話のエンディングも凄くきれいで、カーテンから差し込む光に照らされたぺ・ドゥナの横顔がめちゃくちゃ綺麗でほれぼれした。エンディング曲も不思議な余韻が広がる。音楽も監督がやっているのかー。そうかー。




チャンオクが亡くなってから手紙を読んだ家族の変わりようで、手紙がどれほどの効果があったんだろうとふと考えた。多分手紙はきっかけに過ぎなかったんじゃないかなぁと思う。ウナが忙しいのも本当はみんな全部わかっていたけど、見て見ぬふりをして過ごしていたんだろうなぁ、と。それもチャンオクはわかっていたけど、素直じゃないから言えずにいたし、態度でも示すことができなかった。のかなぁ。


カイトを飛ばすシーン、めちゃくちゃ良かった。どうしても監督の映画でカイトを飛ばすとなると『リリイ・シュシュのすべて』を思い出す。あの映画も僕にとって、カイトシーンは一種の山場だった。下から上を見上げるシーンでもあるし、しがらみから解き放たれてこの世の悪いものすべて忘れてカイトに夢を乗せているような感覚。でも『チャンオクの手紙』でのカイトシーンはそれとは違う。ばらばらになっていた家族が一つのものを見上げて再スタートするみたいな希望。カイトを揚げるシーンで泣けた。そして手紙で大きく変わったこと自体も、『Love Letter』みたいだ。なんだか過去作品のオマージュというか、いいとこどりみたいな。脚本家の愛を感じる。


監督への感想ツイートも凄く素敵なのがたくさんあって、こういう見方もあるのかぁと感心しながらいくつか見た。湿気が伝わってくると監督に伝えている人がいて、凄く素敵な感想だと思った。大塚愛の感想もすごく良かった。




「チャンオクの手紙」#2_チャンオクの夜【岩井俊二監督作品】【ネスレシアター】

「チャンオクの手紙」#3_チャンオクの娘【岩井俊二監督作品】【ネスレシアター】

「チャンオクの手紙」#4_チャンオクの凧と手紙【岩井俊二監督作品】【ネスレシアター】


3話のサムネ、岩井監督に見えがち