Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

リザとキツネと恋する死者たち/ウォリスとエドワード/アメリカン・クライム 映画感想

リザとキツネと恋する死者たち(2015)

リザとキツネと恋する死者たち Blu-ray

リザとキツネと恋する死者たち Blu-ray

監督: ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ
撮影: ピーター・スザットマリ
出演: モーニカ・バルシャイ/デイビット・サクライ/スザボルクズ・ビード・ファゼカス


 ハンガリー映画。この映画の評判と日本人歌手の歌謡曲が中毒性高いという声を聞いて観たいと思っていたところ、Netflixに追加されていたので鑑賞。久々にハズレ映画を観た! 

 雰囲気は『アメリ』やウェスアンダーソンの映画にそっくり。今思えば僕はそういうのが肌に合わないのでそもそも選択に失敗しただけだ。何の情報もなしで思いがけない出会いをする場合が多かったので、今回は残念な形に終わった。ジャケットに騙されたのだ。
 ストーリーについていけないし、小物や美術品が可愛いともあまり思えなかった。ただ日本人歌手のトミー谷の歌はよかった。日本語はみんな片言で、字幕もないのであまり何を言っているのかわからなかった。日本要素がたくさん出てきてそういうのを見るのは面白かったけど、他国から見た日本というのがこういうものなのかとなる一方、日本人を外国人設定で撮るとこういう風に思えるのだな、というちょっとした発見になった。那須がたくさん出てきたけど、本当に那須で撮影したのだろうか。どことなく海外っぽかった。

 僕はあまり好きではないけど、『アメリ』が好きな人はきっとこういう映画も好きなんだろうなぁと思う。人それぞれ。

ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋(2011)

監督・脚本: マドンナ
出演: アビー・コーニッシュ/ジェームズ・ダーシー/アンドレア・ライズボロー/オスカー・アイザック


 イギリス国王になったエドワード8世が愛のために王冠を捨て、離婚歴のあるウォリス・シンプソンと結婚した話。最近エリザベス女王の伝記ドラマ『ザ・クラウン』を観て二人が結構絡んでくるので観ました。『ザ・クラウン』に出ている人たちはいろいろなしがらみに縛られて役職と家族との板挟みになって不自由そうだなぁという印象を受けて、その中でもウォリスは役職を捨てたことによって比較的自由に生きているので実は一番の幸せ者なのではないかと思っていた。しかしそういうわけでもなさそうだ。『英国王のスピーチ』でもウォリスとエドワードのことはどうしても自分勝手な人間に思えてしまったが、二人は王冠だけでなくプライバシーや評判さえもを捨てる覚悟をもって愛を貫き、それが果たして正解だったのだろうかと思えてしまった。『ザ・クラウン』を観た限りはしたたかな女と男に思えるが、この映画をみたらまた二人の印象が結構変わってくる。
 話はウォリスに憧れる現代女性と織り交ぜて進んでいくが、あまり現代女性の話はいらなかった。監督がマドンナだと知ったのは観終わってから。可もなく不可もなく、普通。


アメリカン・クライム (2007)

アメリカン・クライム [DVD]

アメリカン・クライム [DVD]

監督: トミー・オヘイバー
出演: エレン・ペイジ/ヘイリー・マクファーランド/キャサリン・キーサー


 1960年代に起きた事件の裁判記録をもとに作られた実話。集団心理で少しずつ壊れていく過程が恐ろしくて本当に胸糞悪い話だった。でもこれが本当にあった話だとすると、泣けてくる。大人は育児ノイローゼのようなものでおかしくなっていったような気がするけど、子どもの純粋な狂気が本当に恐ろしかった。エレン・ペイジの演技が凄まじい。
 何故この映画の題名が『アメリカン・クライム』なのだろう。昔日本でもあった似たような事件が『ジャパニーズ・クライム』という題名で映画になったら色々ともめそう。