Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

幕が上がる (2015) 映画感想

映画

幕が上がる


ももクロももクロであり続けていてくれることになんと勇気づけられることか。この映画が終わっても、ももクロは変わらずにいてくれるそれだけのことに、エンドクレジットで目頭が熱くなった。演技の中で演技をするという易しくはない役に、あえて演技において素人に近い彼女たちが演技をすることによって、擦れていない生き生きとしたものを感じる。脇を固める女優も絶妙だ。ドラマ『べっぴんさん』で朝の顔ともなった芳根京子、最近よく耳にする吉岡里穂、子役から活躍している伊藤沙莉などなど現在活躍している女優がほぼ空気に徹している。そして主役をも食う存在の黒木華。この映画がアイドルももクロとして宣伝されていなかったら、黒木華の映画ともいえるような存在になっている。そのためか、肝心のももクロ佐々木彩夏高城れにの影が薄かったような気もする。


端々に現実のももクロを連想する演出があり、ファンが嬉しくなるだろうポイントが多々あったと思う。百田夏菜子のベッドに潜り込む玉井詩織、後からやってきた有安杏果、さらに実力もありながら滑舌が悪い設定など、もっとあるのかもしれないがこういうシンクロに少しうれしくなった。やりすぎるとファンでない人が興ざめする恐れもあるが、かなり自然だったと思う。後は冒頭でムロツヨシがウィンタータイムマシーンブルースという台本を燃やしていて、監督なりの過去作品の弔いのようにも感じた。(サマータイムマシーンブルースに出演していたムロツヨシが教師になってあの話の焼き直しをしているという妄想もある。)


演劇部の彼女たちも、ももクロである彼女たちも、夢に走り続けている存在としていろんな人に影響を与えてきたことだろう。映画の中の黒木華もそのうちの一人で、目の前のことにがむしゃらになる彼女たちを前に自身の夢を思い起こされたのだと思う。僕たちもかつては彼女たちのような少年・少女の時代があったわけで、あの頃の生きる活力にも希望にもあふれていた時間を少しだけでも思い出させてくれた。思い出すだけでなく、そういう人を目にするだけでこちらも影響をされるのだ。大人になることは何も夢を捨てることではない。そう教えてくれたような気がした。ももクロがいる。モノノフでもなんでもない僕が、それだけで強く生きていけるような気がするのが不思議だ。


そしてここからは女優黒木華の話。『リップヴァンウィンクルの花嫁』で主演をつとめた黒木華は、演技をしていなかったのではないかとも思えるくらいの素に近い演技をしていて、彼女の素、もしくは演劇の世界に行かなかった黒木華を表しているくらいのハマリ役だったことを僕は確信している。しかしこの映画の黒木華を見て、僕はまたしても衝撃を受けた。この映画の黒木華こそ、黒木華なのではないか、もしくは彼女の映画なのではないか、と。役柄が真逆のくせして、完全に役をほしいままにしている黒木華はバケモノ女優だ。そして何より、蜷川幸雄の舞台で黒木華をみた岩井俊二が彼女のために『リップヴァンウィンクルの花嫁』を書いたいきさつは、この映画の地続きのような偶然だ。さらに、どちらも『銀河鉄道の夜』をモチーフにしていて、後者では黒木華はカムパネヌラの異名を持つ役をしているのだから、やはり何かめぐりあわせのような運命を感じる。