Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

欅坂46 『二人セゾン』MV感想

欅坂3rdシングル『二人セゾン』のMVが公開された。何もかも良くて泣いた。ラジオで聞いてパッとしなかったのが、MVで衝撃を受けた。『サイレントマジョリティ』や『世界には愛しかない』とはまた違った個性が出ているのに、欅坂の良さみたいなのも詰まってる。歌詞にある"生きることとは変わること"がまさに欅坂のことのようでもあり、全体の歌詞も素敵。


欅坂の曲でこんなに笑顔が続くのは初めてのことなんじゃないかと思う。今までクール系の表情ばかりだったから、彼女たちが笑ってるだけで何だか感情が揺れ動く。笑顔がキラキラしてまぶしい。そんな中でも齋藤冬優花さんがアップで映って少しうるっときて、途中で長沢さんと米さんがニコニコ踊っているところが抜かれて泣いた。齋藤さんはブログで感動的なことを書いたりグループ想いの人なので、応援している。今回は憧れている高山一美さんと同じポジションで、そういうところも含めて本当によかったと思う。フォーメーション発表時から脱・握手会至上主義をはかってるようだったし、全くの平等といかずとも、割とみんな平等に近い扱いでうれしい。そうなってくると、センターの平手ちゃんがいつもよりも映るのが少ないような気もするけど、ソロダンスで人一倍オーラを放っていてまだまだ圧巻のセンターなのは変わらない。振付師のTAKAHIRO氏が憑依したかのような豹変ぶり。学生服からカバンを置いてアイドルに変身するのは平手ちゃんのときおり語られる変身願望とマッチしている。彼女のオーラはおそらく自分を変えたいという変身願望からきている。そんな単純なものではないのだろうけど。その分、アイドルで一世を風靡したら突然の芸能界引退宣言をしそうな一面もある。周りの大人たちは彼女を山口百恵にしたいらしいので、そういうのが似合うのもなんとも皮肉。


全体のバレエダンスも優雅で綺麗で可愛くって、バレエの踊れるメンバーが際立っている。スローモーションでシルエットがくっきり出るのが凄くカッコいい。それに自然光がいっぱいで画面の美しさが際立つ。ここらへんで「花とアリス」の蒼井優のバレエシーンを思い出した。ライブだとダンスが難しそうだし(階段はどうなるんだろう)最後のタワーも画面映えするタイプの振りだと思う。ライブで観てみたい一曲。


https://www.youtube.com/channel/UCmr9bYmymcBmQ1p2tLBRvwgwww.youtube.com