ブログについて

気付いたら冬になろうとしているし、気付いたらブログ記事が50をこえていた。自分はわけのわからないコートを着ているというのに、道端で半袖で歩いてる親子に遭遇すると、まだ秋なのかと思った。

 

「今年の秋は冬にそっくりだ」と某芸人が言っていた。本当にそんな感じ。ブログを始めてからは約5ヶ月。始めたころはまだ初夏だったような気がする。早いなぁ。

 

何となく、50記事を節目にブログについて書いてみることにした。

ブログには何かを読んだり見たりした感想を素直に書こうと思っている。でも心に思ったことを正直に言葉にするのは難しい。もちろん口に出して説明するのも難しい。本当は鑑賞ノートを作るのが1番いいけど、フライヤーや雑誌の切り抜きをコラージュのように貼り付けるのが面倒くさくなって根をあげるのが目に見えているので、あえて人目につくブログに書いている。書くことは難しいけど、まぁまぁ楽しい。

 

 

以前書いた記事を読み返すことは多い。しかしつい3ヶ月前の文章でさえあまりにもひどくて寒気を感じる。そういうときは加筆修正をするか、そのまま放置しておく。一種の日記のようになっているので、修正をするとその時思ったことを否定しているような気になるし、まぁそれはそれでいいか、と諦めモードにはいる。おそらく今書いている文章も1年後に読むとうわぁ、ひどいと思うのだろうな。それはそれで楽しいことなのだ。

 

 

本当にたまにだけど、言葉にできないほど素晴らしいものに出会うことがある。理屈では絶対に説明できないもので、一種の恋愛感情に似ているのかもしれない。そういうものこそ大切にしていきたいし、いつかそれを人に説明できるようになりたい。はてなブログにはそういう惚れ惚れする文章をいとも書く人がたくさんいて、人生やり直してもかなわないだろうなぁと興奮しながら読んでいる。

 

好きなものについて少しだけ書こう。

 

欅坂46は最近気になる存在であり、心の中で応援している。ここ最近何かと国際的に賑わせていて、まさかこんな形でニュースになるとは思ってもいなかった。それは置いといて、普段あれだけ華麗なパフォーマンスをしているのに、バラエティ番組では全くの素人なのがギャップがあっていいのです。そして21人誰一人欠けることなく出ているっていうのも応援したくなるポイントです。センターの平手さんのあふれ出す主人公感がたまらない。センター以外にも、織田奈々や尾関さんなどバラエティで頑張っている人たちに陽の目を見させてあげてほしい、いつか。

バラエティ番組のMCをやっているハライチの澤部は、MCとしてどうなのって思っていたのですが、本当は根暗だという話を聞いてから好感度が急上昇しています。

 

 

ブログにもよく書いているけど、岩井俊二監督を敬愛しています。監督についてはいつか書こう。『リップヴァンウィンクルの花嫁』や『四月物語』については書きました。この監督の作品も言葉にするのはとても難しい。

 

allisfulloflove.hatenablog.jp

allisfulloflove.hatenablog.jp

 

 

他に気になる映画監督は、園子温監督と、ジョン・カーニー監督。昔からいるけどマーティン・スコセッシ監督も最近気になる。アニメで言うと、湯浅政明監督や、今敏監督がお気に入りです。全部観れていないんですけど。

 

演者はエイミー・アダムスがチャーミングで大好き。ビョークは女優としても歌手としても好き。彼女は人間の域を越えている。オーロラから生まれ変わったような人。

 

 

いつも映画の感想を偉そうに書いているけど特別詳しくないし、最新映画なんてたまにしか観に行かないし、好きに偏りがあるだけで特別映画好きというわけではない。備忘録として書いているだけ。これからは感想だけじゃなくて、ブログについてだったり何か思ったことについて書いていこうかなと思う。