Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

パフューム ある人殺しの物語 (2007) 映画感想 

映画

パフューム ある人殺しの物語 [DVD]

 

 

"いいにおいのする映画"

香りの映画。においの視覚化に成功している。

音楽漫画や音楽小説を読む際に五感の1つである聴覚が必要不可欠でも、文字や絵を追っているだけで自然と音楽が聴こえてくることがある。知らないはずの音楽を心の中で奏でているのだ。想像力次第で0から100になるものは、ハマると信じられないくらい世界観に浸ってしまう。

 

この映画も同じように、嗅覚という五感に訴えられ、ぐいぐい引き込まれて夢中で見入ってしまった。よくこんな映画作ったな~と終盤前くらいまでは感動しまくりだった。観た人のどれくらいの割合でいるのか知りたいのだけれど、映画を観ている最中に映画に出てくる香りが自分の部屋にたちこめているような錯覚に陥った瞬間が何度かあった。もちろん部屋は無臭なのだけど、匂いがあるような気がして人間の脳はバカだなぁとも感じた。だが映画に引き込まれたのはこういう錯覚が働いたからだと思う。同時に、全く想像のつかない香りが出てくるのでそれがどんな香りなのだろう、という好奇心もものすごく湧いた。漫画『のだめカンタービレ』を読んで、音楽を聴いた気になった感覚と同じである。

 

ストーリー

ベン・ウィショー演じる主人公のグルヌイユは超人的に嗅覚が優れており、孤児として生まれてから没落までの人生が描かれている。嗅覚の才能に目覚めてからは、興味が匂いにしか向かなく、匂いが全ての無自覚変態となっていく。彼に対しては、何か別の呼称があってもいいくらいの清々しいほどの変態ぶりである。ベン・ウィショーの憑依しているような演技に注目した。これがまた素晴らしい。

 

ストーリーは寓話のようでもある。孤児から始まり少しずついい仕事にありつけるようになったのはサクセスストーリーのようだし、お世話になった人の度重なる災難など、彼をぼろ雑巾のように扱ったことに対する天罰のようでもある。

 

しかし賛否両論のありそうな終盤にいたっては、それまでのギリギリリアルを保っていたストーリーからは一転、聖書をひっくり返したような展開へと発展していく。これに視聴者は置いてきぼりなってしまうか否か、と好みが分かれるだろう。自分はあまりのことに唖然としてしまった。最後の方はとにかく宗教画を眺めているようで思考が停止した。

 

香りを見るという非日常体験のためにも、一見する価値は大いにある映画でした。