Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Misfits/ミスフィッツ‐俺たちエスパー!シーズン1 ドラマ感想

ドラマ

f:id:allisfulloflove:20160928223721j:plain

 

イギリスのテレビドラマ。シーズン5まで放送されている。

邦題は「ミスフィッツ‐俺たちエスパー!」らしくダサい。「みんな!エスパーだよ!」と何かかかっているのかもしれない。ただ中々面白い内容でした。

 

雷に打たれた5人の不良が超能力を身につけるが、特にスーパーヒーローになるわけでもなく日々奮闘する、オフビートでエッジの効いた作風で若者中心に話題を呼んだ。(あらすじ)

 

主人公は社会奉仕を務める前科者の若者5人。この5人が雷に打たれてそれぞれ超能力を手に入れるわけなのだが、その超能力が人の心を読んだり透明人間になれたりと結構凄いのに、地味というのが受けているらしい。オレンジ色の服が囚人服を思い起こすので、Netflixドラマの『オレンジイズニューブラック』が重なる。

 

allisfulloflove.hatenablog.jp

 

登場人物も全員バカっぽいのでいい具合に面白い。ただ『Misfits/ミスフィッツ』の舞台はイギリスで、収監されているわけでのないのでイギリス社会の縮図という感じはない。イギリスらしさを感じるのは曇り空くらいだろうか。外での撮影は画面が暗く、人肌も青白く映る。

 

今一つ盛り上がりが欠けてしまうのだが、特殊能力の一つに時間を戻すものがあるのでその回は唯一SFのような盛り上がりがあった。あと同じくイギリスドラマ『ダウントン・アビー』に登場する三女のシビル役のジェシカ・ブラウン・フィンドレイが登場するのでテンションが上がりました。とても可愛い。

 

そしてイギリスドラマにお約束なのが、人気が出れば出るほどメインキャストが降板していくジレンマ。ハリウッドに行ってしまうのか、バタバタ人が消えていくのは視聴者にとってショックがあるのです。置いてきぼりになってしまうし脚本家もさぞかし大変だろうと思う。そしてWikipediaを見ているうちにうっかり降板の事実を知ってしまったりするのであまりそういうのを見ないほうがいいのだ。このドラマもWikiをみているうちに、そのようなことが起こる予感がする。とりあえずこのドラマはシーズン1で休憩。