Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

私の中のあなた (2009) 映画感想

映画

私の中のあなた (字幕版)

 

監督:ニック・カサヴェテス

原作者:ジョディ・ピコー

出演者:キャメロン・ディアスアビゲイル・ブレスリン、ソフィア・ヴァジリーヴァ

 

愛に溢れていて泣いてしまう映画は「アイアムサム」以降初めてだった。こういう映画に弱くてかれこれ10回以上泣いてしまった。家族の愛の物語。

 

全員何かしらの問題を抱えていて、しかしそれでも白血病の娘・ケイトのことを愛しているのがひしひしと伝わってくる。親であるサラは一件毒親のようにも見えるがそんなことはない。父親のブライアンとは違った方向で愛を示しているし、家族一同ケイトのことを愛してやまないのがわかる。

 

サラにとっては病気のケイトを優先してしまいがちだがもう一人の娘・アナのことももちろん愛している。親のサラやブライアンよりもしっかりしているのはケイトの妹であるアナだ。臓器移植拒否をサラに納得させるのが絶望的だったため大胆な「弁護士を雇う」というやり方を使った。弁護士も11歳の娘を子供扱いせず、一人の顧客として扱っている。それも弁護士自身に身体的な問題があり、人ごとではなく純粋にアナの問題を親身に聞いている。何よりアナの覚悟が11歳のそれではない。ケイトを真剣に思いやっているからこそできることだ。だがケイトのためというのが11歳にしては達観していて一番冷静な目でみているのだ。だが親からみた娘よりも、姉と妹の関係というのがもしかしたら同じ目線で見れて冷静にいられるのかもしれない。映画ではあっさりと取り扱うが兄の失読症だったり弁護士のてんかん持ちだったり恋人のテイラーの病気だったり、みんな人ごとではない問題を個々抱えている。

 

サラは親としての務めを意識しているため簡単に死を迎え入れることができずにいたのだが、娘の死を迎え入れるのは残酷なことで様々な葛藤が見える。アナの存在意義が彼女の中で変わってしまうし、だからといってアナはケイトの代わりというわけではない。それはアナからみた自分自身の立ち位置というのも同じかもしれないのだが、とにかくどういう行動が正解、というのもなく、ケイトの想いを尊重して死を許すというのが彼女たちの正解で、サラの持っている一生懸命看病する母親像というのはちょっとずれているのだ。抗がん剤治療で髪を失って恥ずかしがるケイトのためにサラも一緒に丸坊主になったシーンでサラのケイトに対する思いがわかり、ここで誰よりも深く愛していることがわかる。

 

家族がケイトに抱いている想いは現実的だ。サラもケイトのことをだんだんと受け入れて「死」を現実的に見つめるようになる。しかし親戚は違った見方をしているように感じる。神頼みというか、奇跡を信じる療法などを考えておりそれがかなり雑に見える。他人だからこそ言えるものがあるのだ。そして部屋から去って無表情になるシーンはやはり少し家族とは違う思いを抱いているのだと思った。別にどちらが悪いとかいう問題ではないが、温度差がある。家族だからこそ現実的になっている部分がある。

 

この映画で語られる「愛」は「死を受け入れる」ことで、どう考えても辛い。だが世間ではこういう問題で溢れている。一つの愛の形としてこういうのも受け入れなくてはいけないのだ。