ストレンジャー・シングス 未知の世界 Netflixドラマ感想(ネタバレあり)

 米国版エルフェンリート

 

f:id:allisfulloflove:20160730230930j:plain

 

 Netflixのドラマ「ストレンジャー・シングス」を一気見した。

 

80年代多くのファンを魅了したSF映画へのオマージュ満載でお届けする「ストレンジャー・シングス 未知の世界」。物語の舞台は1983年の米国インディアナ州。平和だった小さな町から、一人の少年が忽然と姿を消す。家族や地元警察が捜索を続ける中、謎の少女が突然現れ、政府による最高機密実験や、次から次へと起こる超常現象に隠された真実など、闇に包まれていた町の秘密が暴かれていく。(Netflixより あらすじ)

 

観終わってからSF映画のオマージュと知ったので、観ている間はアニメの「エルフェンリート」やゲームの「Beyond: Two Souls」と重なる部分があった。エルフェンリートは日本よりも海外の人気が高いと聞く。もしもあのアニメをアメリカが作ったらこういうカッコいい作りになるのでしょうか。実際は「E.T」や「グーニーズ」のオマージュ部分が強いらしいので、80年代のSFが好きな人はグッとくるものがあるんじゃないでしょうか。

 

「ストレンジャー・シングス」は1シーズン8話という長さでちょうどいいです。海外ドラマは人気が出れば出るほどシーズンを伸ばすイメージがあるのでこういう謎から始まるドラマは最初から終わりが見えるだけで安心感がある。シーズン2があるのかはわかりませんがシーズン2で続きをそのままやってもいけそうではある。

 

1話でウィルという子供の失踪から物語が始まり、生きているか死んでいるかの捜索から裏側の世界というSF世界の話に広がっていく。ウィルの友人マイクたちやウィルの親やウィルの兄や町の警察、とそれぞれのグループで失踪事件の謎を突き止めていくので少ーしずつ真相に近づいていく。子供目線でも物語が進んでいったので、難しい話も物理の先生がわかりやすく教えてくれる。だがそれぞれの得た情報は他者にとってもかなり有益な情報なはずなのに別々に動いているせいであまり共有をせず、もっとコミュニケーションを取ってくれとつっこみたくなった。ホーキンス電力会社が結局どういう実態の会社で政府の目的が観終わった後もあまりわかっていない。署長も最後は丸め込まれたような感じだった。最終話でイレブンが死んだというより怪物と裏側の世界にいったような終わり方だったのでもしかしたら続編のためにうやむやにしている部分もあるのかもしれない。怪物も一体ではなく他にも何体かおり、新しく誕生する可能性だってある。ウィルは結局あの怪物の残骸がまだ体内に残っているのだろうか。

 

あと最後に意外だったのが、ナンシーがジョナサンとくっつかなかったこと。あの流れだったらナンシーがスティーブに見切りをつけ、命を懸けて共に戦ったジョナサンと恋に落ちるのが定番だと思ったのだが結局イケてるスティーブに戻るという何と現実的な展開かと心残りでした。ナンシーがいいやつだったのでちょっと残念だった。しかしジョナサンといいバーバラといい、いけてないやつが報われないドラマだ。