Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

欅坂46「語るなら未来を・・・」 MV公開 感想

欅坂46

欅坂46の2ndシングルである「世界には愛しかない」のカップリング曲「語るなら未来を・・・」のMVが公開された。ダンスは引き続きTAKAHIROという人が担当しているらしい。最初に名前を聞いた時はEXILEの人かと思っていたけど世界的に有名なダンサーらしい。サイレントマジョリティーがヒットしたおかげでこのまましばらくTAKAHIROさんが欅坂担当になるのだろうか。平手ちゃんとの相性が抜群なのでしばらくこの人のダンスを見てみたい。今回はMV監督も兼ねているらしく、ダンスが中心となっている。このダンスがとてつもなくカッコいい。カップリングにしては完成度が高すぎるし表題曲でもいいというコメントを見た。本当にそう思う。

 

曲の雰囲気はクール系の早口で攻めている歌詞だ。欅坂はやはりこういう系統でしばらく勝負していくのだろうか。攻めている感じがする。衣装も近未来感があり、実際は長ランを意識しているらしい。欅坂のロゴが腕のところに入っているのだがそれもまたカッコいい。ダンスのカッコよさが倍増するし青っぽい照明が映える。

 

MVはフロント以外も目立っているしダンスが上手い子が多く映っている気がする。最初の土生ちゃんセンターの5人はただただカッコいい。サイレントマジョリティ―を意識しているのか照明があまりなく画面が暗いので認識しづらい。平手ちゃんは圧巻のオーラを放っているし目線だけで表情を作っている。今回は平手ちゃんのボス感が一層強い。冒頭のフロントが平手ちゃんを囲むところだったり全員が手をむけているところはボスのようなただ者じゃないオーラを放っている。衣装的にボスというより指揮官か。

 

好調スタートを決めてからここまで来て、なんとも恵まれているし世間に期待されているものよりいつも斜め上に行っているのは凄い。これからも期待。

 


欅坂46 「語るなら未来を...」(「世界には愛しかない」カップリング曲)