打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 映画感想

※ネタばれがあります!


f:id:allisfulloflove:20170817214941p:plain


岩井俊二ファンとして、アニメ化は大変喜ばしいことでもあり、かつ不安でもありました。
ヒットしてほしいという願いと、原作越えしたらどうしようという複雑な思いを抱きつつ、試写会に足を運んだのでした。

あらすじ:
花火を横から見たら平べったいのか丸いのか言い争う主人公たち。
その日の花火大会で確かめに行くことに。


原作は20年以上前のものですが、予告編を見た限り『君の名は。』みたいというコメントがちらほら。
そもそも実写をアニメ化というのが珍しいですし、そもそも岩井俊二のあの雰囲気をアニメで表現できるのか、と。
プロデューサーの川村元気氏曰く第二の『君の名は。』を意識しているような感じがするので(そもそも『君の名は。』のプロデューサーも川村元気氏)、原作のドラマとは別物といった感じでした。それでも端々で比較したくなってしまう。


脚本は『モテキ』や『バクマン。』の大根仁
90分とはいえ若干の中だるみを感じてしまったので、内容はそんなに膨らませなくても良かったんじゃ、と思いました。


アニメの表現にあまり慣れていないので、そこは自分が合わせていくべきかと思いながらも、水面や花火の宝石のような表現に見とれたのでした。

やけに顔と目のアップがあったのですが、シャフトというか新房監督特有のものなんでしょうか。
最近のアニメは蒙古ひだまで描くんですね。

顔のアップなどハッとするようなカットが多かった割に、主人公やヒロインの表情に引き込まれることはあまりなかった…。あれどういう意味があるんでしょう。
そこまで説明的ではないから意図があるのかないのかわかんない部分があって、原作ではそれがアンニュイだったんですけど、アニメの場合は登場人物が人形のように見えて、なんだかわかりにくかったです……。
あまりにも顔のアップがあるもんだから、途中から「結局これなんの意味もないんだろうなあ」と半ば悟る事態に……。


岩井俊二版の『打ち上げ花火~』は奥菜恵の奇跡のような可愛さで成り立ってるみたいな言われ方をしていたので、あの可愛さをどう表現するか?というのにも注目をしていました。
広瀬すず演じるなずなの、思春期特有の感じは良かったです。


個人的によかったところ

  • 映像の綺麗さ。

景色、プール、もしも玉、そして何と言っても花火。
大根仁の書いた小説版も読んだのですが、「グロテスクな花火」の登場にわくわくしたものの結局出てこず、たぶんこれがグロい花火に相当するやつなんだろうなあと思ったのが、ずいぶんかわいらしくまとまった花火だったのでした。スイカバーは出てこなかった。

  • 音楽。

劇中挿入歌の「瑠璃色の地球」がとーーっても素敵でした。
もう広瀬すずがこの曲を歌っただけでなずなの可憐さと少女性が確立されたような気がします。
広瀬すずの声がとてもかわいいです。
透明感と、艶、でも少しの不安定感が揺れ動く思春期特有と言う感じで彼女が歌った瞬間にすっと引き込まれました。(でも最初は一瞬戸惑った)
曲単体で聴いたときと、映画の挿入歌、つまりなずなの歌として聴いたら印象が全然違うのではないかと思います。
瑠璃色の地球」は松田聖子の曲らしいんですけど、前奏のピアノ部分が岩井俊二の作るピアノ曲っぽいんですよね!!!『四月物語』や『花とアリス』の音楽に出てきそうな。
映画観終わってからずっとこの曲リピートしてます。
広瀬すずの歌を聞くためだけに観にいくのもいいと思います。

DAOKOの「Forever Friends」も最高でした。
この曲が使われてほんとうに良かった……。
あと米津玄師との「打ち上げ花火」もすごく良い曲です。

  • トンボがなずなの肌にとまるシーン

原作ではアリだったのが、トンボに。
やけにドキドキするシーンなんですけど、取る前に飛んで行っちゃうんですよね。
飛んで行ってしまって後悔したのか、ほっとしたのか。

  • 浴衣を脱ぐシーン

逃避行中に着替えで浴衣を脱ぐシーンがあるんですが、服の柄がするする動いていてアニメ凄い!となるシーンでした。




電車が二両しかないような田舎町の学校がやけに最先端で若干の違和感がありました。
学校内のらせん状の階段は、灯台の内部と同じですね。
なずなの制服もフリフリで、アニメだー、と思いました。
なずなの背丈がノリミチよりも大きいのが原作と同じで少しうれしい部分でもあったのですが、アニメでヒロインの方が大きいってなんだか珍しいような気がします。
でも中学生くらいって女の子の方が大きいし、ませてたり、大人びてるのを表現してるのかなあとも思ったりもしました。水商売しようとしてるくらいですからね。本気かどうかはおいといて。


友人のひとりが「観月ありさ大好きだー!」と言ったセリフから、20年経っても変わらない観月ありさすごいなあと思いました。今だったら熟女好きなのかな?となるんですかね。
家でやってたゲームもドット絵でなんら違和感はないし。(ゲーム画面は何か元ネタがあったりするんですかね)


なずなの最後のセリフが、「二学期また会えたらいいね」みたいなのだったのが、「次に会えるの、どんな世界かな」というのになっていました……。


最後のもしも玉が割れて花火に混じって光るシーンは綺麗で、こういう展開もあったかもしれないのかー、と少しだけ感動しました。


最後のカットはいろんな解釈が出来そうです……。



結局この映画から何かを感じ取ったり、大きく心が変わることなく終わって残念でした。
私の感受性が乏しいからかもしれないですが、楽しみにしていた分、やはり無念。
個人的に思うのは、大根仁の脚本が微妙なのでは?と。



結論:アニメが岩井俊二版原作を超えるかもしれないという不安は杞憂でした。

独特な世界観を繰り広げるシュールなYouTuber コウイチTV

コウイチTV

YouTuberの動画をちらほらと観る中、ついに天才を見つけた。あくまでも動画投稿を趣味とした、YouTuberと呼ぶには何だか違う気がする動画投稿者。コウイチTVというシンプルイズザベストな名前のYouTuber。動画投稿歴は約5年、シュールな世界観が繰り広げられる彼の動画を一度観たらドはまりしました。


ハマったきっかけは「こじつけ都市伝説」と「急にホラーになるお父さんスイッチ」という動画の「石田さんちの反抗期」のモノマネ(?)から。石田さんちの大家族を観たことあるひとなら「わかる~」となるはず。



急にホラーになるお父さんスイッチ


声とか喋り方とか間の取り方とかいろいろ癖になりませんか。
動画も短くて見やすく、どれも笑えるところがあるので気付いたら次から次へと動画を観て、時間があっという間に過ぎていたなんてことも。これがYouTubeのこわいところでもあり醍醐味でもあります。
観すぎておすすめ動画が100%コウイチTVになる。YouTubeがコウイチTVを観ろと言っている。観るか。の無限ループ。


サムネがめちゃくちゃシンプルに作られてるんですけど、真顔がすごく面白いんですよね。失礼でしょうか。でも無の表情すごく味があって好きなんですよ~!



楽しい10回ゲーム



なんか癖の強い商品紹介



記念撮影の時によく見られる光景



世界旅行に行ってきた


テレビで見るような芸人のネタという感じではなく、動画だからこそできるネタが中心で、画面の切り替わりだったり、効果音だったり、一人で何役もやったり、自分で編集するからこそできるネタが多いなと思います。企画・撮影・編集が全部ひとりで出来るって、最強なのでは?!


他のユーチューバーとコラボはあまりしない印象がありますが、東京に行った際の旅動画ではYouTube界では有名なアバンティーズというグループの人が出ていました。でも一切何の紹介もされてなくてさすがだなと思いました。


アバンティーズと言えば「脱脱脱脱17」を撮った松本花奈さんが今度監督として映画撮るらしく、個人的にビッグニュースでした。松本花奈さん、岩井俊二が大絶賛したとかで話題になってた現役女子大生です。当時は女子高生だった気が。すごく気になってたので次の作品がYouTuberとコラボとは思ってもなかったです。告知動画のクレジットに配給会社っぽい名前がなかったので新作映画はYouTube上で公開でしょうか。

話がそれたけど、それだけ有名な人とコラボしても露骨にチャンネル登録者稼ぎとかしなくてなんか本当にゆるくて謙虚でいいなと思いました。


映画好きでもあるらしく、ホラー映画の白石晃士監督をよく観てるみたいです(それ以外もめちゃくちゃ詳しいと思う)。白石監督自身、フェイクドキュメンタリーをとっているのでしょうか、コウイチTVでも屋外の撮影はフェイクドキュメンタリー風のものが多くめちゃくちゃ面白いです。一番のオススメは、「こじつけ都市伝説」。某番組の関さん風の喋りでなんてことない風景をフリーメイソンにこじつけるスタイルが最高です。シリーズ化してます。どれも最高です。



【こじつけ都市伝説】新宿に蔓延するフリーメイソンの脅威



高評価が高く、低評価が圧倒的に少ないのも特徴な気がします。視聴者としてはそういうのを気にして観ることはほとんどないんですけど、コウイチTVは特に差が凄い。応援の念を込めて欠かさず高評価押してる。コメントを見ると、すごく視聴者に愛されているのを感じます。そのせいか、あんまり広まって欲しくないという声もちらほら。気持ちはわからなくもないけど本人からしたら複雑な意見でもあるような気もするので私はどんどん広まって欲しい……といいつつ、広まるのが寂しい気持ちもよくわかる。なんなんでしょうね。このローカル感が好きなんでしょうか。人気になると変わっちゃう人もいますからね。


数あるネタ系のユーチューバーの中でも圧倒的に面白い。個人でやって(たまに友達も出演してる)、投稿頻度も高くて、すっかりファンになってしまいました。

であるからして、まだ大学生(!)だという彼が普通に就職してネットから姿を消すのは寂しいなあと思うので、彼が飽きるまで動画投稿を続けてバーグ◯ンバーグバーグあたりに就職してネットから消えないでほしいなーーー。と思うのは視聴者のエゴでしょうか……。


最近はブログを始めたみたいでそっちも面白いので今後も楽しみにしてます。アメブロじゃなくてはてなだったので嬉しかったです。


登録者数とか年齢とか詳しいことはまとめサイトに載ってます。
大物YouTuberもオススメする!?『コウイチTV』ってどんな人? | YouTuber案内所


シャニダールの花(2013) 映画感想

f:id:allisfulloflove:20170502200932p:plain


監督:石井岳龍
出演:黒木華/綾野剛
ジャンル:恋愛ファンタジー


シャニダールの花」を観た。
黒木華綾野剛のコンビは「リップヴァンウィンクルの花嫁」と同じ。
allisfulloflove.hatenablog.jp


レビューをみたら、そちらと勘違いして視聴したという声がちらほらあって何だかふふっとなった。映画の内容自体は全然違うのに、ふたりが画面に映るだけで同じ映画を観ているような気分になっていたのは確かだ。それもきっと、ふたりの放つ雰囲気が似ているからかもしれない。私は黒木華さんが好きなのですが、あんなに透けてしまいそうな透明感のある女性はいないと思っている。強いのに儚い。演技をしているのか素なのかわからないほど彼女はいつだって自然体。「女優」。その言葉がよく似合う。綾野剛も同じ。彼を形容する言葉は、かっこいい、クール、セクシー、ミステリアス、どれも似合う。でも一言で片づけてしまうほど単純な男ではないのだろうと思う。私はきっと彼の本当の魅力を半分もわかっていないだろうから、彼の魅力に気付いた映画監督が彼をひっぱりだこにしている。
そんなふたりが主演をつとめているから、内容がめちゃくちゃでも何をしていても場面が持つといっても過言ではない。ふたりがいるから成り立つ。このふたり、とっても素敵。


これだけふたりのことを言っておいてなんだけど、「シャニダールの花」はまれにみる面白くない映画だった。ただ注意したいのは、面白くないというのは嫌いと直結ではない。こういう静かな雰囲気の邦画を観てスカッとすることもある。スカッとジャパンより断然スカッとする。

「雰囲気映画」と言ってしまうのは暴力だ。「雰囲気だけの映画」、と評される映画を私自身好む傾向があるから、その一言で済まされてしまうのはなんだかもったいない、と個人的にすごく思っている。細部に神が宿るというように、映画もどこかしこに監督の思惑がちりばめられていて、気付くのも気付かないのも視聴者の自由だ。解釈だって、別にどうとらえたってかまわないはず。


日本映画というよりも、フランス映画を観ているような感覚になった。フランス映画をフランス映画らしくしている要素って何なんだろう。よく邦画と似ているという人がいるけれど、私もどこか似ているところがあると思う。そんな洒落た人間でもないけれど。


とにかくこの映画は理解しにくかった。理解しよう、理解しよう、と映画は観るもんじゃないけど、頭をからっぽにして観ていたら置いていかれてしまって、気付いたら終点を過ぎて回送電車に一人取り残されていた、みたいな。果たして全貌を理解できた人はどれほどいるのだろう……?

人から花が咲く奇病、しょせん人間も花も地球の一部分にすぎないという話で済む、みたいなことでいいんでしょうか。フィクションの中だけでも、人がかつて花だったというのもロマンチックですね。花はいつか必ず散る。美しいときはあっという間に過ぎ去ってしまう。そういう運命をたどるのは、なんだか人間と似ているかもしれない。


よくわからないと言って逃げてしまいたくなる映画だった。
本当に感想がそれくらい。
好きだという人もたくさんいるんだろうなと思う。
そういう映画。